Return to site

姿勢を正して!

指導をしていて、伸びにくい子に共通な点は「雑である」ということです。
プリントの管理、時間や期限ををきちんと守れるか否か、ノートの取り方・・・

様々な点で雑な子は往々にして成績も振るいません。

そして見過ごされがちな点としては、勉強する姿勢です。

机にうつぶせになる、頬杖をつく、足を投げ出す・・・

塾でこのようなことをすると必ず注意されます。


ほとんどの子は、一回注意すればその授業ではきちんとした姿勢に戻ります。

ただ、たった一回の注意で完全に身につくわけではありません。

しばらくして同じことで注意されたりします。


これを何回も繰り返した結果、ようやく勉強にふさわしいきれいな姿勢になっていきます。

塾に求められるのは勉強を教えることはもちろん、勉強する環境を提供するということもあると思っています。

塾に行くだけで自然と勉強する気になる雰囲気です。

この雰囲気があるから、家では集中できない子も塾では集中できたりします。

当塾で専用自習室をあえて設けている理由はそのためです。

悪い姿勢な子が一人でもいると、この雰囲気は阻害されます。
 

「姿勢よく授業を受ける」 
当たり前だけど、とっても大切なことです。


一緒に勉強している他の生徒ためにも、塾に通わせてくれる家の人のためにも、
そして、何より自分のために、びしっと決まっている姿勢でいましょう。
 

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly