サイトへ戻る

失敗が人を作る~共通テスト後の所感~

· 塾長の指導観・雑感

那須塩原市西那須野の高校受験・大学受験塾 本松学習塾塾長のブログ

塾長も記事を書いた、11月19日発売「名門公立高校受験道場流【自学力の育て方】受験突破だけで終わらないために」

好評発売中!

amazon新着ランキング(高校受験部門)第1位(単行本)、第2位(電子書籍版)獲得!

amazon売れ筋ランキング(高校受験部門)第2位獲得!

紀伊国屋書店 電子書籍部門 子育て・教育ランキング 1位獲得!

kadokawa

当塾塾生の共通テストの自己採点結果がそろいました。

圧倒的難化の前に厳しい戦いを強いられましたが、全員第一志望の国公立に出願する見込みです。

共通テストに関して、あの出題の仕方に議論はあると思いますが、ここでは触れません。

大事なことは、目の前の生徒が泥臭く、必死で勉強を続けてきたという事実です。

自分が傷つかず、安全な所にいて、涙も流さず、人として成長することは決してありません。

私自身も、現在に到るまで、様々な失敗を重ねてきました。確かなことは、その失敗から様々なことを学んだことからこそ今があるということです。挫折も失敗も経験していない人間は成長することはできません。

傷ついたから再生する。身体と同じです。

外野から見れば、もっともらしい批判はできるでしょう。しかし、その批判している人自身は、何も成長していません。

傷つきたくない、どんな人もそう思います。でも何もせずに、ずっと昔のままでいて成長しない。そんな人生を歩んで生きている意味があるのでしょうか。

成長するから壁にぶち当たる。その壁を乗り越えても、さらに大きな壁にぶち当たる。

試練は乗り越えられる人にしか与えられません。

チャレンジし続ける、行動あるのみです。

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK該当機能はStrikinglyより提供しています。