サイトへ戻る

2020 大学合格体験記(1)

茨城大学教育学部 国立音大音楽学部 U・Nさん(宇都宮女子高卒)

私が入塾したのは中学2年生の冬でした。

それまで勉強するクセが付いておらず、成績はどんどん下がっていたのですが、これを機に勉強に力が入りました。
 

宇都宮女子高校に合格したのですが、周りの勉強レベルの高さに圧倒されるばかりでした。

音楽の先生になることを目標に高校生活を送りましたが、部活に、塾に、ピアノに、声楽に、と毎日忙しい日々を送りました。予習をしたくてもできない日もありました。

それでも腐らずに頑張れたのは、音楽が好きだったことと、「やれる事はやって、なんとか食らいつこう!」という気持ちでいたからだと思います。


 正直、本格的に勉強に力を入れられたのは高校2年生の秋頃だったと思います。数学と英語を、基礎からやり直しました。

数学は、教科書を読んで理解してから演習を繰り返しました。英語は、英単語と熟語を覚えるところから始めました。今思うと、もっと早くから始めれば良かったと思っています……これは受験最大の後悔です!本当に!!
 

部活を引退したのは9月でした。

ここから追い上げていこうと、やる気に火がつきました。

本松先生との毎月の戦略会議があったので、何をするべきなのかが明確になり、勉強に集中することができました。
 

試験本番は自信を持って行き、合格を勝ち取ることができました。
 

受験を終えた今、振り返ってみると後悔していることもたくさんあります。

でも、これを乗り越えたからこそ、少し自信を持つことができたと思います。

これからも精進して参ります。
長い間、お世話になりました!!
 

国際医療福祉大学 保健医療学部 作業療法学科 (特待A合格) K・Hさん(黒磯高卒)

私は3年生の4月まで部活をやっていました。通常練習の他に朝練や居残り練などもあり、1、2年生の頃はほとんど勉強する時間がありませんでした。部活を引退し、本格的に受験勉強を始めました。


将来の夢は決まっていましたが、志望校は具体的には決まっていませんでした。そのため私は好きな理系科目ばかり勉強していて、嫌いな英語はほとんど勉強しませんでした。そのため、模試の結果などで得意科目と苦手科目の成績に差が開いていきました。

 

それに気付いた後に焦って勉強を始めましたが、今まで勉強をしなかったため、勉強の仕方がわかりませんでした。
 

そこで、3年生になってから本松学習塾に入塾しました。その後、夏休みのオープンキャンパスで志望校を私立の大学に決め、一般試験で入学することを決めました。

 

入試に必要な科目は苦手な英語と得意な数学だったので、平日は5時間以上、休日は10時間以上の勉強のほとんどの時間を英語の勉強に費やしました。単語、熟語、文法、長文など本松先生に言われた勉強方法でとにかく毎日やりました。

 

本番1か月前は過去問だけをやり、過去問で間違えたところを今まで使ってきた参考書などで確認しました。過去問で問題の傾向を知ることが出来たので、試験本番は全く緊張せず、自信を持って挑めました。そして、無事に第1志望の大学に合格することが出来ました。
 

私は受験勉強を始める時期が遅かったし、受験勉強を始めた時には基礎が固まっていなかったので、とても苦労したし、苦手なことから逃げていたことをとても後悔しました。本格的に勉強を始める前に基礎が固まっていれば、スムーズに受験勉強が始められると思います。

 

私のように苦労しないためにも早くから少しずつ勉強を始めて欲しいです。また、勉強をしているとなかなか成績が上がらず辛いと感じる時期が来ると思います。それでも諦めずに最後まで勉強を続けてください。続ければ必ず点数が取れるようになります!皆さんの受験が成功することを願ってます。

国際医療福祉大学 保健医療学部 理学療法学科 I・Yさん(大田原女子高卒)

中学1年生の頃から約6年間お世話になりました。本松先生の授業はとても分かりやすくて、中学生の頃から良い成績をとることができ、大田原女子高に進学することができました。

高校生になって、自分は部活と勉強の両立が難しくなりました。高2の後半になっても思うように結果が出なくなってしまいました。部活を言い訳にして、きちんとやっていなかったせいだと後悔しました。
 

本松学習塾では高3になると先生が1人1人に合った勉強の計画を立ててくださいます。また分からないところは学びエイドの動画を見て勉強できるようになりました。そのおかげで、成績を上げることができました。
 

特に、英語は先生のおかげで、英検2級を取ることができました。テストや模試の点数も大幅に上がりました。
本松先生には感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました、
 

授業以外でも、先生とする会話はとても楽しかったし、旅行のおみやげをもらえたり、いつも楽しかったです。先生やみんなと塾で過ごした時間は忘れられない思い出です。
自習室がいつでも使えて、先生の説明も分かりやすく、話しやすい塾は他にはないと思います。
本松学習塾は卒塾してしまいますが、先生に教わった勉強の仕方などを忘れずに、これからも頑張りたいと思います。
 

また、高校でできなかった部活と勉強の両立なども、大学に行ってからは、アルバイトやサークルなどと勉強の両立をちゃんとできるように頑張ります、先生もお体に気をつけてお仕事頑張ってください。
 

これからも分かりやすい授業をしてくれるおもしろい先生でいてください。今まで本当にありがとうございました。

国際医療福祉大学 医療福祉学部合格 K・Kさん(黒磯高卒)
私は小4の時に、入塾しました。幼い頃の私にとって塾というワードはとても怖いイメージがあり、私なんかが通っても大丈夫なのだろうかという思いがいっぱいでした。

しかし、実際に通ってみると、授業はわかりやすく、楽しくて、理解できる機会が増えていきました。自分から進んで机に向かう生活もできるようになりました。
 

中学生になると、小テストが増えて、それに向けて勉強することと同時に、定期テストの勉強・部活との両立など毎日が大変で必死でした。ですが、今考えるとすごくすごく楽しかったなと感じます。先生には学習面だけでなく、部活動や人間関係でもたくさん相談に乗ってもらいました。本当にありがとうございました。
 

高校生になってからも、相変わらず勉強との両立が大変でしたが、常に先生が励ましてくれたので、大学受験を乗り切ることができました。
 

私が、高校受験・大学受験を受け、合格できたのは本松先生のおかげです。先生に会うことがなかったら、嫌いな勉強から逃げて、将来の夢を持てるということはなかったと思います。
 

これからは、大学生になるという自覚を持ち、今まで以上に勉強を頑張っていきます。そして、自分の恵まれている環境に感謝の気持ちを忘れず過ごしていきたいです。
 

本当に今までありがとうございました。     

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK該当機能はStrikinglyより提供しています。