Return to site

できる子しか入塾できない?

当塾に関して多い質問が、

「本松学習塾はできる子しか入塾できないのでは?」

との質問です。

確かに当塾は「大高・大女・宇高・宇女・黒高受験専門」「難関大学受験」

と謳っています。

しかし、できる子しか入れないというのは全くの誤解です。

まず、なぜ上位校受験専門塾なのか。

上記高校は概ね偏差値50以上、すなわち平均点以上学力が必要な高校です。

上記高校レベルより下を目指すということは、端から平均点以下を目標にすると言うことになります。

せっかく縁あって入塾した以上、私としては「思いっきり学力を上げて欲しい、自分でも信じられないくらい点数が取れるようになったと感激して欲しい」と思って指導しています。

にもかかわらず「平均点以下でいいや」というのは、塾の熱量と本人の熱量があまりにもミスマッチになってしまいます。

ですので、目標としては上位校を目指して欲しいと思うのです。

もちろん、どうしても機械を専門的に勉強したい、福祉を専門的に勉強したいという明確な理由があって実業系高校を受験することを否定するのではありません。当塾からも過去何人も実業系高校に合格しています。

また近年の高校入試では当塾から宇都宮女子高、大田原高、大田原女子高に多く合格者を出しており、「うちの子にはレベルが高すぎるんじゃないか」と思われる保護者の方も多いと聞きます。

本年は宇都宮女子高に4名合格していますが、入塾当初から「宇女高狙えるな」という成績だった子は1名だけです。残りの3名は入塾当時は、客観的に合格が厳しそうな点数しか取れていませんでした。

国語に不安を抱え、平均点しか取れなかった生徒。英語の中1レベルからつまづいていて、be動詞と一般動詞の違いもわからない生徒。

いずれの子も努力を積み重ね、克服し、結果的に宇女高に合格するレベルに達することができました。その道のりが平坦だったわけでは決してありません。思うように点が取れなくて私の前で涙した子もいます。

「できる子しか入れない」という発言を私が許しがたいのは、この子たちがしてきた努力を否定する発言だからです。

実力テストの学年順位が145番でしたが1年以上かけて塾の指導をしっかり守り、最終的な学年順位が31番になり、大女高に合格した生徒。

今春の入試ではそんな子もいました。

また今の中3にも実力テスト167番で入塾しましたが直近の実力テストで70番台に上がってきてる子がいます。目標だった黒磯高校が現実なものになりつつあります。

もしこの子が黒磯高校に合格しても「できる子しか入れない」と言われてしまうのでしょうか。

あまりにも悲しすぎます。

「できる子しか入れない」のではありません。

「できない子ができる子になった」のです。

那須塩原市 西那須野にある個人塾
大田原高・大田原女子高・宇高・宇女・黒磯高受験専門

難関大学受験個別指導
本松学習塾

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly